【Event Info】とむをセッションVol.127の御礼と6/1(土)Vol.128のご案内

2024年05月12日

こんにちは。ベーシストのTOMまつをです。5/4(土)、三茶夢弦(むげん)にて開催しました「とむをセッション Vol.127」のご報告です。お越し下さったお客様、本当にありがとうございました。さすがに今年もGWはお出かけも方も多かったようで、こじんまりとしたセッションになりました。普段あまりやらないような曲に皆さんチャレンジされてましたねー。
今回もロックあり、ブルースあり、ジャズありの濃密な時間となりました。
来月もまた宜しくお願いします。(^_^)

さて、今回はセッション初参加時の心得、第一弾です。笑

様々なセッションがあると思いますが、ウチの場合を一例に挙げておきます。
来て頂いたらすぐに参加費とドリンクをご購入いただきます。(マスターがご対応してくださいます。)その後、私が準備している参加ノートにお名前、楽器等を記入いただき、後は待つのみ。(^_^)

とはいえ、何の曲をやるかは、ある程度決めた方が参加者の方も落ち着くかとは思いますので、始まる前に「○○がやりたいです。」と入って頂けると有り難いです。スリーコードのブルースや、ファンキーな一発モノ!という感じでも大丈夫です!!

ここで注意点として上げておきたいのが、譜面を持参する場合です。
世の中には様々な譜面が出回ってますね。特にセッション初参加の場合は、「何を持って行けばよいのだろう?」となる感じもわかります。

歌の方が参加される場合を例に挙げると、普通はドラム、ギター、ベースが伴奏をする形になりますので、譜面全体が見渡せるいわゆる「リードシート」と呼ばれる譜面がセッションには適しています。イメージを添付しておきますね。。。
(多くは構成とメロディ、コードネームが記載してあるモノです。目的に応じて記載する情報は様々です。)

ジャズの場合は、いわゆる黒本と呼ばれるスタンダード集があり、こちらで準備をしておりますので、ほぼ問題ないかと思います。

ポップスの場合は様々な譜面が出版されていますので、逆に迷う事にもなります。
ピアノの弾き語り用譜面は、数ページにわたっていることが多いので、譜めくりの手間が増えたり、曲全体が見渡せなくなってしまうために、あまりセッション向きではありません。セッションに参加するのに望ましいのは、、、

・市販のリードシートを購入する
・弾き語り用の譜面からリードシートを新たに作る
・参考になる譜面がない場合は、イチからリードシートを作る

などの作業が必要になります。なかなかハードルが高い作業になりますね。。。

そんな時にお奨めなのが、歌もの譜面準備無料サービス!!
セッション参加の方に限り、事前に(できればセッションの一週間ほど前に)、参考音源URLとキーをご連絡頂ければ、セッション当日までに準備いたします。是非ご利用ください。

リードシートに関しては、意外と自分で作ってみたいという方もいらっしゃいますし、長い目で見ると音楽的に色々と役に立つことも多いので、今後このサイトでリードシートの記載方法について、私なりの観点で説明してみようと思っています。

少し、話がずれましたが、、、笑
今回はこんなところで。。。(^_^)

では、次回のセッション情報です。

「とむをセッション Vol.128」

開催日時:2024年6月1日(土) OPEN 18:30 START 19:00
開催場所:三軒茶屋 音楽食堂夢弦
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂 4-8-3 ライオンズマンション三軒茶屋第2 B-001
CHARGE :チャージ / ¥1500

以下、歓迎します。
初セッションの方(ホーンセクションも是非!!)
歌いたい方 ※歌もの譜面準備無料サービス!!
 (要事前連絡、こちらから参考音源URLとキーをご連絡下さい)
・管楽器のみなさんアドリブチャレンジOK

ジャンル:
基本ノージャンル、よくあるのはファンク、ブルーズ、ジャズ、ロック、ポップス、歌謡曲等、やりたいものは基本OKです。(爆音のみお店の都合で禁止です。)

MEMBER :
E.Guitar:TAD
E.Guitar:川島知明
E.Bass:TOMまつを
Trombone:海江田紅